建売住宅より安く自然素材の注文住宅を建てれた理由【我が家の場合】

マイホームを考えるとき、「建売住宅・注文住宅」のどちらを選択するか迷うご家庭も多いはず。

我が家も迷ったのですが、最初は比較的値段の安い建売住宅を中心に探していました。

でも、結果的に地域の建売住宅より少し安く注文住宅を建てれてしまいました。安くできた分、オプションで値段が上がってしまう自然素材を取り入れることが可能に。

それでも売りに出ている近隣の建売住宅より多少安くマイホームを手に入れることができました。

そんな我が家のマイホーム経歴をまとめてみます。

※注  夫婦2人と猫2匹のマイホーム探しのお話です。

お子さんのいるご家庭や、大きな家が欲しい!と言う方の参考にはならないかも。

自然素材の注文住宅を建てれた理由① 土地について

注文住宅を建てるうえで必要不可欠な「土地」。

元々ご両親が住んでいた家を建て替えるとか、そういった理由が無い限りはここから始める方も多いはず。

この土地探しの段階で、注文住宅をコストダウンできた運命の出会いがありました。

地域の不動産屋さんでまず建売住宅からリサーチ

私たちは、海の近くに住みたくて地元でも何でもない地域にマイホームを建てることを決意。

右も左も分からないので、とりあえずこの地域で有名な不動産屋さんを訪れて”建売住宅”からリサーチを始めました。

何度も通ったりネットで情報を見ていたのですが、イマイチ良い物件に出会えず……。

そんなとき、不動産屋さんの営業マンからひとつの土地資料をいただきます。

運良く公開前の土地を紹介してもらえた!

土地資料を見せられた瞬間は、建売住宅を中心に探していたのに「なぜ土地??」と思いましたが……。

話を聞いてみると、理想的な立地にちょうど新しい土地が出てきてまだ一般公開前とのこと。

たぶん公開されていろんな人に紹介されれば、値段的にもすぐ売れてしまいそうな土地でした。

資料を見るとちょっと小ぶりな土地ですが、立地はまさに理想的。

 

ここで初めて、「注文住宅を検討してみては?」と提案されます。

まったく頭になかった夢の注文住宅。

心が揺らぎます。(笑)

一旦持ち帰ってしばし検討することに。

建売住宅と同時に土地探しもすると運命の出会いがあるかも

私たちは、不動産屋さんの機転で良さそうな土地に出会えたのですが、もっと早くから土地探しも同時に行っていれば、よりスピーディーに話が進んだ気がします。

約2年くらいマイホーム検討の時間があったのですが、正直長かった……。

その間、不動産屋の営業さんも何度か代わりました。

最後の営業さんの力で納得する方法に導いて頂きましたが、自分たちでも土地探しを頭に入れておけばよかったです。

自然素材の注文住宅を建てれた理由② 土地・家の大きさについて

紹介された土地は、ちょっと小ぶりの24坪 = 建てられる家の広さはせいぜい25~26坪です。

今まで見てきた建売住宅に比べると、ちょっと狭い。

でもここで、ちょっと考え方を変えてみました。

見てきた建売住宅は多くが家族向けだった

今まで見てきた建売住宅は、広さも間取りも家族向けのものばかりでした。

夫婦と子供2人。

そんなライフスタイルでちょうどいいサイズの家ばかり。

確かに建売住宅だから、売りやすい広さと間取りなんだと思います。

現状は夫婦2人。広い家は必要ない

我が家は現状 夫婦2人と猫2匹。

子供は欲しいけど、年齢的にも経済的にも1人かなと考えている。(双子ちゃんならそれも大歓迎!笑)

今まで見てきた建売住宅の広さや間取りだと、たぶん部屋を持て余してしまいそう。

もちろん大は小を兼ねると言いますし、もしかしたら将来 親と同居する可能性がゼロなわけでもない。

でも、たくさんの建売住宅を見てもしっくり来ないのは、リアルな生活がなんとなく想像できないからだと気が付きます。

小ぶりの土地&小さな注文住宅ならかなり安くなる

小ぶりの土地&小さな注文住宅なら、私たち夫婦と猫、また将来できるかもしれない子供とのライフスタイルが何となく浮かびました。

また、サイズが小さい分 当然コストダウンもできます。

建売住宅って、実は安く作れる仕組みがあったりするんですよね。

詳しくはこちらの「建売住宅のメリット・デメリット」の部分にまとめました。

関連記事

家を建てる前に検討しなければならないのが「注文住宅」にするか「建売住宅」にするか。 私たち夫婦は、結果的に「注文住宅」にしました。 どちらもメリット・デメリットがあるので、自分のこだわりやライフスタイルに合わせて選ぶのが重要です[…]

マイホーム全体のサイズを小さくすることで、値段を抑えた建売住宅よりもさらに安い注文住宅が見えてきました。

自然素材の注文住宅を建てれた理由③ 工務店選びについて

工務店選びの際も、コストダウンできる運命の出会いがありました。

長い間、辛抱強くマイホームを検討してよかった……!と思った瞬間です。(笑)

不動産屋さんから紹介された地域の工務店

土地の決定に迷っている時期に、不動産屋さんから地域の工務店を紹介してもらいました。

まだ新しい会社ですが、大手ハウスメーカーから独立して、自分たちが作りたい家を建設したいという方を集めた会社でした。

事務所兼モデルルームを見学させてもらったのですが、確かにおしゃれな雰囲気。

新しい会社という点がちょっと引っかかりましたが、不動産屋の営業さんもこの工務店でリフォームを検討しているらしい……。

そう言われると少し信頼できそうな気がします。

勢いでこの工務店に決定!(笑)

さっそく間取り提案を受けて見積もりを頂くと、注文住宅でも希望の金額以内にすんなり収まっていました。

(このときはまだオプション料は加算されてないのですが……)

 

「土地を早く決定しないと、売れてしまうかもしれない。

2年も費やしたマイホーム検討、注文住宅にするなら早く決めないともっと入居が遅れてしまう。」

そんな焦りから、勢いで工務店を決定。(笑)

工務店の見積もりが安かった理由

なぜ、この工務店の見積もりが安かったのか。

ただ安いだけだと手抜き工事なんじゃないか……と不安になってしまうのですが、そこにはちゃんと理由もありました。

  • 地域の口コミで評判が広がり広告費があまりかかっていない
  • 新しい会社なので実績を作りたい

とのこと。

モデルルームも、けっこうたくさんのお客さんでにぎわっていました。

情報収集不足だった私たちは、まんまとこの営業にのっかってしまいます。

 

とっても良い工務店さんだったので結果オーライですが、こういった地域の工務店のトラブルをよくテレビなどで見るので、これから家を建てる方はしっかり検討したほうがいいです!

後々の不安の原因にもなるので……。

(あとで詳しく書きます。)

結果的に建売住宅の相場より安く注文住宅ができた!

勢いで決めてしまった工務店ですが、結果的に提案力もあり理想の間取りを実現することができました。

さらにコストを抑えたことで、さらに憧れだった注文住宅に近づきます。

コストを抑えた分、自然素材を取り入れることができた

家全体のサイズダウン、また工務店の企業努力のおかげでだいぶ金額を抑えられたので、ちょっと浮いたお金で自然素材を取り入れることに。

具体的には

  • 無垢フローリング
  • 珪藻土の壁

です。

この2つはオプションだったのですが、浮いたお金でちょっと贅沢しました。

もちろん標準仕様のままでより安くするのもアリだったと思いますが、経年変化を楽しめたり、お手入れで長持ちする方を選ぶことに。

諦めなければ建売住宅より安く注文住宅が手に入る

気が付くと、小ぶりだけどけっこう贅沢な仕様の注文住宅が完成していました。

同時期に近くの自然素材を取り入れた建売住宅の値段をチェックしていたのですが、その相場よりも500~1000万ほど安い!

※もちろん、土地・建物の大きさも関係しているのですが……。

少人数で暮らすなら、小ぶりで安く注文住宅を建ててしまったほうがお得 という意味です。

 

不安だったローンの負担も軽減されます。

資産として考えると小さな家は売りにくいという意見もあるかもしれませんが……、私たちのような少人数で暮らすライフスタイルは今後も増えていくような気がしているので気にしていません。

欲を言えば子供ができて、この家に家族が増えればさらにハッピーですが、こればかりは授かり物なので運に任せます。(笑)

身の丈にあった後悔のない家作りを……

以上、我が家が建売住宅より安く自然素材の注文住宅を建てれた理由をまとめてみました。

素敵な不動産屋さん・土地・工務店さんに出会えたのは、本当にラッキーでした。

でも、唯一 未だに後悔しているのは家を建てる工務店を即決してしまったこと。

焦る気持ちに任せて勢いで決めてしまいましたが、あのとき一歩頑張って欲を出していれば、もっと好条件のハウスメーカーが見つかったかもしれないと今でも思います。

関連記事

新居に住んで約1年経ちました。 ほぼほぼ満足のいく注文住宅を手に入れたのですが、もちろん後悔がゼロなわけではありません。 何より最大の後悔だと思っているのが「ハウスメーカー比較」をしなかったこと。 これに尽きます。 […]

もし、まだハウスメーカー比較をしていないという方はこちらの記事も参照してくださいね。

 

注文住宅は、工夫次第で建売よりも安く作れます。

建売住宅を検討しているご家庭も、ぜひ一度、注文住宅について考えてみてほしいです。