冷蔵庫を2階に搬入できない?! 一戸建て2階キッチンの落とし穴

我が家は2階リビングです。だから、必然的にキッチンも2階にある一戸建て住宅なのですが、先日冷蔵庫を買い替えたときにちょっとしたトラブルが発生しました。

題して「2階のキッチンに冷蔵庫が搬入できないかも……事件」です。(笑)

結果的になんとか搬入することができたのですが、一戸建て住宅の2階キッチンの意外な落とし穴を目の当たりにしました……。

2階キッチンの場合「冷蔵庫」の搬入ができない可能性が!

ワクワクしながら家電屋さんでお目当ての冷蔵庫を選び、いざ購入! というときの会話です。

 

家電販売員
「まさか…2階キッチンじゃないですよね?」
わたし
「いや、キッチン2階の一戸建てですけど……」
家電販売員
「あーー。もしかしたら、冷蔵庫が搬入できないかもしれませんね。」
わたし
「……えーーーーーーーっ!」

いや、これリアルです。

我が家は選んだ冷蔵庫は、容量455L、65cm×65cmの正方形。確かに大きいけれど、3~4人家族くらいで使うサイズのもの。

ぶっちゃけもっと大きいサイズの冷蔵庫がわんさかあるのに、このサイズで搬入が難しいなんて……。

完全に盲点でした。

今まで、2階リビング最高ーーー!とばかり思っていたのですが、初めて2階リビングにして後悔した瞬間です。

2階への搬入が難しい原因は幅の狭い”階段”にアリ

よく話を聞いてみると、2階への冷蔵庫搬入が難しい原因は幅の狭い階段でした。

しかも、うちの階段は省スペースにするために折り返し階段です。

冷蔵庫搬入を拒む要因が重なっていました。

冷蔵庫の幅+10cm程度の余裕が必要

冷蔵庫の搬入には、冷蔵庫の幅+10cm程度の余裕が必要だそうです。

これは、どこの家電屋さんでもだいたい同じことを言われるよう。

冷蔵庫を運ぶときは養生をしなければならず、その厚みも加味して余裕が必要なんです。

でも正直、家の階段の幅なんていちいち覚えてないですし、話を聞けば聞くほど搬入できない気がしてきたので事前の見積もりをお願いすることに。

2階のキッチンへ冷蔵庫を搬入するには?

そんなこんなで、業者さんに事前に冷蔵庫を搬入できるか見積もりしてもらいました。

案の定、現状では2階に冷蔵庫が上がらない……とのこと。

そこで、解決策をいくつか提案してもらいました。

階段の手すりを外して幅を確保する方法で搬入!

最近の注文住宅では、バリアフリーのために階段に手すりを設置することが多いはず。その「手すり」こそが冷蔵庫の搬入を妨げる大きな要因です。

▼我が家の階段はこんな感じ

階段の幅は、手すりが設置されている状態だと69cmしかありません。
これでは余裕は4cmしかないので、冷蔵庫の搬入はちょっと厳しそう……。
でも、手すりを外すと76cmの幅を確保できるので冷蔵庫が上がりそうでした。

一番の難所である折り返し部分も、手すりを外すと10cm以上の余裕が生まれます。
何気なく設置した手すりが、こんなときにトラブルを引き起こすなんて……(涙)

見積もりの結果、階段の手すりを合計3ヶ所外して冷蔵庫を搬入することになりました。

手すりを外すだけで2階に冷蔵庫が搬入できるならラッキーです。

購入したサイズよりちょっとでも大きいものだったら完全にアウトでした。

▼ちなみに、手すりは簡単には外れません!

この手すり、搬入業者さんに外してもらおうと交渉したのですが、「家を傷つけてしまう可能性もある」とお断りされてしまいました。

仕方なく家を建ててくれた工務店に問い合わせたところ、外すのは素人でもできるけど、電動ドライバーがないと大変かも……とのこと。

うちにそんな工具はありません(涙)

工務店のご好意で、今回は無料で手すりの撤去と再設置をしてもらうことにしました。

手すりを撤去してもらった階段です。手すりが無いだけでだいぶ広い印象に。
外す工程を見ていたのですが、これはけっこう大掛かり。
自分で外すのは、不可能ではないけれどかなり大変です。
再設置も自分でやるのは可能ですが、ぐらつきの原因になることも。やっぱりプロにお願いするのが一番。

手すりを外しても無理ならベランダからクレーンで吊り上げる!

我が家の場合は、階段の手すりを外してなんとか2階へ冷蔵庫を搬入できましたが、もしこの方法でも無理な場合どうするのかを尋ねてみました。

階段から上げられない場合は、ベランダからクレーンを使って吊り上げて冷蔵庫を搬入します。

でも、これにはクリアしなければならない条件が多々あります。

・ベランダが広い道路や空き地に面していること
・ベランダの窓が大きく冷蔵庫が通ること
・クレーンの邪魔になる電線などがないこと
・通常の搬入+3万円ほど費用がかかること

この条件、すべてクリアできるご家庭って意外と少ないのでは?

そもそも2階リビング(キッチン)の注文住宅って、住宅密集地のちょっと小ぶりな家が多い。だから、ベランダに面した部分に十分な場所を確保するのが難しい。

うちもベランダはお隣のお宅に面しているので、クレーン車での搬入はどうやっても不可能です。

さらに搬入費用が上乗せされるとなると、せっかくセールで安く冷蔵庫を買っても結果的に高くついてしまいます……。

それでも無理なら専門業者に依頼する!

さらに調べてみたところ、引越しや搬入専門業者にお願いするという手もあるようです。

中には、冷蔵庫の扉を外したり解体をして無理やりサイズダウンすることで搬入するという荒業も。

でも解体してしまうと保証は効かないし、故障してしまっても自己責任。これはリスクが高い……。

搬入が難しいなら、搬出だって難しい。

ちなみに搬入が難しい場合は、もちろん搬出にも手間がかかります。

だからせっかく苦労して設置した冷蔵庫が故障してしまったら、また同じように手すりを外したりする手間が発生します。

もう、これは完全なる2階キッチンのデメリット……。

どうしても無理なら冷蔵庫のサイズダウンするしかない……

どうしても搬入が無理なら、冷蔵庫のサイズを小さくするしか方法はありません。

3~4人家族ならまだしも、家族の人数が多いご家庭では大きなサイズの冷蔵庫が必要ですよね。

そんな場合もサイズダウンを余儀なくされるかも。

2階にリビングやキッチンがある家を購入するときは、大型家電に限らず、家具の搬入についても事前に打ち合わせしておく必要があります。

(ソファーやテーブル、食器棚など、小さく解体できないデザインのものは要注意です。)

2階リビングキッチンの予想外の落とし穴

「冷蔵庫が2階に搬入できないかも……事件」についてまとめてみました。

以前、2階リビングのメリット・デメリットについてまとめたことがあるのですが、その時気が付かなかった落とし穴でした。

家電屋さんの話によると、2階にキッチンのある一戸建ての70~80%は、冷蔵庫の搬入に何かしらのトラブルがあるのだとか。

そんなに頻繁に問題が起きるなら、工務店からも事前に一言いってほしかったのが正直なところ。

でも、もう完成してしまった我が家はどうしようもないので、これからも工夫しながらより良い暮らしを目指していこうと思います……!