SOMA(ソマ)グラスウォーターボトルのレビュー【サステナブルでおしゃれな水筒】 

SOMAのGlass Water Bottle

おしゃれで気分が上がる水筒(マイボトル)を探していたところ、見つけたのが「SOMA」のグラスウォーターボトル

シンプルでスタイリッシュなデザインだけでなく、サステナブルな取り組みに惹かれて思わず購入してしまいました。

そこで、このSOMAグラスウォーターボトルの魅力をお伝えすべく

  • どんなところがサステナブルなのか?
  • スペックと使い心地
  • お手入れ方法について

などをまとめていこうと思います。

 

\ SOMAグラスウォーターボトル /

 

サステナブルな水筒「SOMAグラスウォーターボトル」

SOMAグラスウォーターボトルは、ボディのさまざまな部分にサステナブルなエッセンスが詰まっています。

SOMAウォーターボトルは無限にリサイクル可能な「ガラス製」

まずメインのボトル部分は、無限にリサイクルが可能な「ガラス製」

飛散しにくくしっかりした厚みのあるガラスでどことなく高級感もあります。

繰り返し使うことができるので、結果的にペットボトルなどの使い捨てプラスチックの削減にもつながります。

キャップは再生可能な「竹製」

キャップ部分は、再生可能な「竹製」です。

ガラスのスタイリッシュなボトルに竹製のキャップを添えることで、ぐっと親しみやすいデザインになっています。

売上の一部を発展途上国への資金提供プロジェクトへ寄付

SOMAの売上の一部は、安全な水を飲むことができない発展途上国への資金提供プロジェクトへ寄付されているそう。
生産過程でもサステナブルな試みを実践しているそうで、その理念に思わず惹かれてしまいました。

今回私は、シックなグレーを購入。

他のカラフルなカラーバリエーションもとても可愛くてつい揃えたくなってしまいます。

 

SOMAグラスウォーターボトルのスペックと使い心地レビュー

次は、SOMAグラスウォーターボトルの詳細と実際に使ってみた感想をまとめていきます。

SOMAグラスウォーターのスペック

SOMAグラスウォーターの簡単なスペックはこんな感じです。

・容量 … 500ml
・サイズ … W6.5×D6.5×H23.5cm
・耐熱温度 … ボトル(ガラス部分)120℃、スリーブ(シリコン部分)230℃、キャップ70℃
容量は多すぎず少なすぎず、ちょうどいいサイズ感です。
耐熱温度が高いので、温かい飲み物にも対応できるのが嬉しいポイント。

実際に使ってみた感想① 滑らかな飲み口が良い……!

SOMAグラスウォーターの飲み口

実際にSOMAグラスウォーターボトルで水を飲んでみました。

飲み口が滑らかなカーブになっていて、口当たりがかなり滑らかです! スッ……と飲み物が口に入ってくる感じ。

とっても飲みやすくて心地いい使い心地です。

※でも、飲み口が小さ目なので氷を入れづらいところが難点。
(飲み口の内径が約3㎝でした。)
氷を入れた冷えたドリンクを作る場合は、クラッシュアイスなど小さ目な氷を利用するのがおすすめです。

実際に使ってみた感想② ガラス製なので若干重いのが気になる

SOMAのグラスボトルウォーターでちょっと気になったのが、ガラス製ならではの重さ。

飲み物を入れていない状態で350gあるので、水を入れるとずっしり重さがあります。

私はもともと家の中で使うことを前提にして購入したので問題ありませんが、たくさん移動する日などに持ち運ぶのはちょっと大変かなぁ……。

ただ、この重さのおかげで置いたときの安定感があるのも事実。

ガラス製で高級感があるところも気に入っています。

重さに関しては、使う際の用途によって好みが分かれそうです。

実際に使ってみた感想③ スリーブの安定感&手のなじみは最高

SOMAグラスウォーターボトルのスリーブ部分のロゴ

SOMAグラスウォーターボトルの特徴でもあるスリーブ(シリコン部分)。

これが良い仕事をしてくれています。

スリーブがあることでボトルをしっかりグリップできるうえに、テーブルに置いたときも滑らずに安定感があります。

 

そしてなによりも……。

スリーブ中央にデザインされた「SOMA」のロゴも可愛い!!
スタイリッシュなラインのボディに、丸みを帯びた可愛いロゴが映えます。

このおしゃれな見た目だけでも、デスクワークやワークアウト時のテンションを上げてくれるのでけっこう気に入っています。

 

\ SOMAのボトルをチェックする /

 

SOMAグラスウォーターのお手入れ方法について

SOMAはガラス製のボトルにシリコン素材のスリーブがついているデザインなので、お手入れ方法に悩みました。

販売店の説明では、

食洗器で洗える(※キャップのみ手洗い)

とのことでした。

でもこのシリコン部分を外すのか、外さない方が良いのかわからなかったので、アメリカの公式サイトにてチェックしてみたところ

How should I clean my Water Bottle?

Hand-wash with warm, soapy water or wash on the top-rack of your dishwasher. Do not remove the sleeve. Store with the cap off. Cap: Hand-wash only. Do not place in the dishwasher.

引用元:  SOMA公式サイト

とのこと。

こちらを訳してみると、

「ウォーターボトルはどのように掃除すればよいですか?
温かい石鹸水で手洗いするか、食器洗い機のトップラックで洗います。スリーブは外さないでください。キャップを外して保管してください。キャップ:手洗いのみ。食器洗い機に入れないでください。」

という感じでした。

このシリコン製のスリーブは外さずに手洗いか食洗機で洗うのが正解だそうです

確かに耐熱温度が230℃なので、外さなくても大丈夫そう。試しに外してみようと試みたのですが、そう簡単には外せなそうです。

 

そもそも「SOMA(ソマ)」ってどんなブランド?

「SOMA(ソマ)」は、ニューヨークに拠点を置くブランドで、このグラスウォーターボトル以外にも、水のフィルターやコーヒーのブリューボトルを販売しています。

どの商品もスタイリッシュでとてもおしゃれです。

この投稿をInstagramで見る

Soma(@somawater)がシェアした投稿

私がこのSOMAに注目したのは、おしゃれな商品はもちろんのこと、以下の2つのポイントも大きいです。

  • サステナブルな理念
  • 世界的な水危機を終わらせるための活動

元々アパレル業界で働いていましたが、移り変わりが激しいトレンドの中で、捨てられてしまう物資もたくさん。

そんな状況のなか「サステナブル」という言葉にすごく惹かれました。

SOMAは、そのサステナブルな理念を掲げて運営している会社なので、何となく信頼できる、応援したくなる会社だなぁと思いました。

【買ってよかった!】SOMAグラスウォーターボトルのまとめ

SOMAグラスウォーターと花瓶の花

サステナブルでおしゃれな水筒「SOMAグラスウォーターボトル」について口コミしてきました。

  • デスクワークの傍らに
  • ヨガやワークアウトのお供に
  • 自宅での運動時の水分補給に etc……

このボトルを暮らしに添えれば、ちょっぴりおしゃれな気分になれそうです。

人のために、地球のために、持続可能な社会に貢献するために……。
ぜひ、SOMAのグラスボトルウォーターをお試しください。
>\ 楽天ROOMでイチオシアイテムご紹介しています /

\ 楽天ROOMでイチオシアイテムご紹介しています /

もしよかったら遊びに来てくださいね^^