ダクトレールの植物の吊るし方【専用フックでとっても簡単】

ダクトレールにペンダントライトと植物を一緒に吊るすのが、注文住宅を建てる上での小さな夢でした。

でも、いざ実践しようとしたら吊るし方が分からない……!

ダクトレールには電流が流れているし、いったいどうやって植物を吊るせばいいのか迷ってしまいました……が、

やってみたらとっても簡単でした。

  • ダクトレールに植物を吊るすために必須な専用フックについて
  • 専用フックの取り付け方
  • あるとおしゃれ度が上がる便利グッズ

など、ダクトレールの植物の吊るし方についてお届けします。

 

ダクトレールの植物の吊るし方は本当に簡単!

植物を吊るす方法にいろいろ悩んだのですが、実際にやってみたらとっても簡単でした。

手順はたった3つです!

【1】ダクトレール専用の吊りフックを購入します

まずは、ダクトレールに設置できる専用吊りフックを購入します。

こちらは、通販で購入したオーデリックの吊りフックです。

オーデリックのほかに、パナソニックや東芝のものをよく目にしましたが、ダクトレールはメーカーが異っていても規格は同じなのでお好みのものを購入してください。

我が家もオーデリックで購入したのに、なぜか「TOSHIBA」の文字が……。(笑)

ダクトレールの窪みにしっかりはまるプラスチック部分にフックがついた簡単な作りです。
プチプラで気軽に購入できるのも嬉しいポイント。
ちなみに、この吊りフックの耐荷重量は5kgまでです。

【2】フックをダクトレールに取り付けます

専用の吊りフックを用意したら、さっそくダクトレールに付けてみましょう!

まずは、ダクトレールの窪みに沿って吊りフックを差込みます。
フックの向きはこんな感じ。

しっかりダクトレールにフックを差し込んだら、根元をくるっと1/4回転させます。
力を入れなくても、カチッと簡単に回ります。

これでダクトレールに吊りフックを設置できました。

【3】植物を吊るします

同じようにダクトレールにお好きな個数の吊りフックを取り付けてください。

そこに植物をバランスを見ながら吊るします。

これで完成です!

とっても簡単ですよね。

意外と簡単な作りの吊りフックだったので(笑)
ちゃんと植物を吊るせるかちょっと心配だったのですが、しっかり固定されているので落ちる心配はなさそうです。
ペンダントライトと組み合わせて、奥行きのある空間作りを目指すのもとってもオススメ。

植物を吊るすときにあると便利なもの

ダクトレールに吊りフックを設置できても、植物を直接吊るすわけにはいかないので、いくつか用意しておくと便利なアイテムをご紹介します。

上手く使えばおしゃれ度もアップします^^

マクラメプラントハンガー

今 人気のBOHOテイストのインテリアに欠かせないのが、マクラメ編みで作ったプラントハンガーです。

我が家でも今はプラントハンガーをメインに使って植物を吊るしています。

紐を袋状に編んで、植物を包み込むように支える形状がプラントハンガーの特徴です。
雑貨屋さんやネット通販で検索すれば手ごろな値段で簡単に買えますが、手芸が好きな方は自分で作ってしまうのもアリ。
私も手芸が好きなので作ってみましたが、シンプルなデザインなら30分くらいで完成するので意外と簡単。

実際に、このデザインは30分で編めました。
ちょっと凝ったデザインでも、編み方を覚えてしまえばさらっと作れます。
材料も100均のジュート紐を使ったりしたのでコスパも◎。
こちらは、100均のグレーのジュート紐で編んでいます。

作り方はこちらの本を参考にしました。


おしゃれなアイテムの作り方がたくさん載っているので、とってもおすすめ。

マクラメ編みの基本も、これ一冊あれば勉強できます。

プラントハンガー以外のおしゃれなデザインもたくさん載っていて、インテリアの妄想が膨らむはずです!

麻ヒモ

「もっとシンプルに植物を吊るしたい!」という方は、麻ヒモさえあればスタイリッシュに吊るすことができます。

プラントハンガーを用意するのが面倒なときも、すぐに植物を吊るせます。

この方法に向いているのは、茎が長めな切り花やドライフラワーです。
根元を麻ヒモで巻いて固定して、結び目をダクトレールの吊りフックに引っ掛けるだけの簡単テクニック。
最初に輪ゴムで固定して、隠すように麻ヒモを巻けば安定感が増します。

フェイクグリーンやフェイクフラワー

ちょっと植物とはずれてしまいますが……。(笑)

本物の植物を吊るすと、定期的にお手入れが必要だし、葉が落ちてきたりして掃除が大変です。

ドライフラワーも、くずが落ちてきたりします……。

我が家は猫が2匹いるので、猫にとってNGな植物を間違って食べてしまうかもしれないという心配もあります。

だから、吊るしている植物はすべて「フェイクグリーン」です。

鉢植えのフェイクグリーンは、IKEA(イケア)で購入した”フェイカ”を使用しています。鉢も全部、イケアで100円前後で購入したプチプラです。

ドライフラワー風のものは、近くの雑貨屋さんで購入しました。

これなら、お手入れなしで半永久的に完璧な状態をキープできます。(笑)

その他、何でもアイデア次第でおしゃれに植物を吊るせます!

ダクトレールに植物を吊るすためのアイテムは、その他何でもアイデア次第で個性をアピールできます!

例えば、お気に入りのカゴバッグに植物を入れて吊るしたりとか……

最近人気のネットバッグをプラントハンガー代わりに使っても可愛いですよね。100均にも売っているし、コスパも良さそう。

思い立ったらいろいろ試してみてくださいね。

 

・マクラメプラントハンガー
・麻ひも
・フェイクグリーンやフェイクフラワー etc……
いろいろなものを活用してダクトレールインテリアを楽しんでみてください^^

ダクトレールに植物を吊るしておしゃれなインテリアに

ダクトレールに植物を吊るす方法をご紹介してきました。

この方法は、季節に合った植物やご自身の気分に合わせて簡単に取替えもできるのでインテリアのマンネリ打破にもお役立ち。

いつもの見慣れたお部屋にグリーンを配置するだけで、爽やかな気分になれます。

とっても簡単なので、ぜひTRYしてみてくださいね。

 

関連記事

◇  イケア「フェイカ」の口コミ! フェイクグリーンを使ったインテリア

◇ ニトリの「フェイクグリーン」が素敵! 購入してみたので徹底レビューします

>\ 楽天ROOMでイチオシアイテムご紹介しています /

\ 楽天ROOMでイチオシアイテムご紹介しています /

もしよかったら遊びに来てくださいね^^