ダイソー(DAISO)ドライフラワーの造花が優秀! 種類別に口コミします

猫がいるため、部屋に飾る植物はフェイクグリーンと決めているわが家。

(本物はお手入れも面倒ですしね……。)

いろんなお店のフェイクグリーンを集めているのですが、ダイソー(DAISO)の造花のドライフラワーが100円なのにとっても可愛い!

この値段でこの高クオリティーは、なかなか見つからないはず。

さっそくダイソーの造花のドライフラワーについてまとめてみようと思います。

 

100均だからと侮るなかれ!ダイソーの造花は高クオリティー

ダイソーの造花

100円で購入できるダイソーの造花ですが、なんだかどんどんクオリティが高くなっている気がします。

とくに今回購入したドライ風フラワーは、本当にクオリティーが高い!

さらっとお部屋のインテリアになじませるだけでおしゃれ感が漂うし、まったく安っぽくありません。

正直、本物と比べるとそりゃ繊細さは劣りますが、おしゃれなインテリアショップに置いてあっても文句なしなアイテムなのでは?!

購入したのはダイソー”La Malletteシリーズ”のドライフラワー

購入したのは、ダイソーの”La Mallette”シリーズのドライ風フラワーという商品です。

それぞれに番号がついているので、種類の識別も簡単。

本当にたくさんの種類がありますが、今回は6種類(色別で10種類)を買ってきたので口コミします!

【No.6】 ベリースプレー

ドライ風フラワーのベリースプレー

こちらは、No.6のベリースプレーという種類です。

長さがあるので、飾ったときにアクセントになってくれるデザイン。

茎部分の色が急に茶色~グリーンに変わっているところが気になりますが、他の造花と組み合わせて飾れば見えなくなるので問題なし。

細かな凹凸も本当に良くできています。
近くで見ると、色付けはちょっと雑な感じだけど、だからこそ自然の不揃いな感じが演出できている気がします。(笑)
葉っぱ部分はナイロンのような生地で、ちゃんとグラデーション加工されているのもスゴイ。

【No.12】 ブロームグラス

ダイソーのブロームグラス

こちらは、No.12のブロームグラスという種類です。

これは今回購入した中でも、1位2位を争うお気に入りデザイン。

ピンク系とイエロー系を買いましたが、まだ他の色があったかも。100円なのに色展開まで揃えてくれるダイソーさん本当に好き!笑

造花のドライフラワー枝先が細かく分かれていて、造花なのにドライフラワーの繊細さが表現されていてステキ。
モダンなインテリアにしっくりなじみそうな、大人っぽいデザインですよね。
これだけでシンプルに飾っても可愛いけど、生花のカスミソウのような感じで、大きめのお花とMIXしてバランスをとるのも◎。

【No.13】 ミックスフラワーパンチ

ダイソーのミックスフラワーパンチ

こちらは、No.13のミックスフラワーパンチという種類です。

これ、今回購入したダイソーのドライフラワー造花の中で一番お気に入り! デザインがとにかく可愛いです。

イエロー系とピンク系の2つを購入しました。

ダイソーのドライフラワー造花くすんだ色合いと動きのあるお花が、どんなインテリアにもマッチしそう。
小ぶりだけど存在感のあるデザインです。
ちなみに、購入したときは2本で1セットだと思ったのですが、巻きついている麻ヒモを解いてみると樹脂でくっついていて離れません。
(こちらの写真のピンク系のほうの麻ヒモ部分でくっついています。)
形が崩れないのでいいのですが、より自分好みに飾りたいなら、この部分を切り離してしまってもいいかも。

【No.14】 ミックスグラスパンチ

こちらは、No.14のミックスグラスパンチという種類です。

ピンク系とグレー系の2つを購入しました。

花部分のデザインは華やかですが、ワントーンでまとまっているのでとっても使いやすいデザイン。

色付けはちょっと雑だけど、ドライフラワー風の造花だからこそラフで自然な感じに仕上がっています。
大きめの花びらと小さなパーツが組み合わさっているので、飾ったときにこれ1本でもバランスがとりやすいのが嬉しい!
ちなみに、先ほどのデザインと同じで、2種類のお花は麻ヒモの部分でくっついています。

【No.15】 ミックスベリーパンチ

ダイソーのミックスベリーパンチ

こちらは、No.15のミックスベリーパンチという種類です。

これは、私が行ったダイソーさんでは色はこの1種類しかなかったです。

このデザインの特徴は、綿毛風のドライフラワーを再現しているところ。100円でこのクオリティ、すごくないですか?!

ダイソーの綿毛の造花近くで見ても、綿毛部分のクオリティがとっても高い!
その分、お隣の葉っぱ部分はちょっと安っぽく見えてしまうかも。
でも、これを1本加えるだけで瞬時にオシャレ度が上がります。
樹脂製の造花だけだとどうしてものっぺり感が出てしまうから、こういう異素材を組み合わせるとバランスが取りやすいです。

ついでに【No.18】のグリーンスプレーも購入

ダイソーのフェイクグリーン

こちらはドライフラワーシリーズではないのですが、可愛かったので購入してみました。

”La Mallette”シリーズのNo.18 グリーンスプレーという種類です。

名前の通り、葉っぱのまわりに白い粉のようなものが吹き付けられています。

濃い緑と薄い緑の2種類を購入。

ダイソーのグリーンスプレー間近で見ると造花感は否めませんが、粉をスプレー状に吹きかけてあることで良い感じのくすみ感が出てます。
ドライフラワーだけだとちょっと寂しいかな? と感じたときにプラスすると程よいフレッシュさが演出できます。
ドライフラワーシリーズとかなり相性抜群!

ダイソーのドライフラワー造花の飾り方アイデア

種類別にひとつずつ詳細をまとめてきましたが、次は飾り方についてまとめてみます。

ダイソーのドライフラワー風造花は、単品で見るよりまとめて飾ったほうが断然カワイイです。

たくさん束ねてボリューム感を出すと可愛い!

ダイソーのドライフラワー

今回 購入してきたドライフラワー風造花を、すべてまとめて(適当に…笑)フラワーベースに挿してみました。

いろいろな種類をMIXしてボリュームを出すと、より可愛く高見えしますよね。

100均だから気兼ねなく購入できるので、ちょっと豪華に飾るとテンションも上がります!

▼吊るすインテリアよりもフラワーベースを使ったほうがいいかも

ダイソーのドライフラワー造花は、花部分はかなりクオリティーが高いけど茎部分がちょっと樹脂っぽさが際立っています。

茎部分がダイレクトに見える吊るすインテリアよりも、茎部分が隠れるようにフラワーベース(花瓶)を使って飾るほうが高見えします。

吊るす場合は、麻ヒモやクリップ、可愛い包装紙などを使って、茎部分を可愛くカモフラージュするといいかも!

トイレの飾り棚にさりげなく置いてみた

トイレに飾ったドライフラワー我が家は、まずトイレの飾り棚に飾ってみました。
ネイビーのアクセントクロスに映えるよう、ピンク系をまとめてフラワーベースに挿しました。
ちなみに、このフラワーベースもダイソーで100円でした。
数百円でこんなにおしゃれに仕上がるなんて、嬉しい時代です。(笑)

リビングの棚に置いてコード隠しに

フェイクフラワーのインテリア

残りのドライフラワー造花は、リビングの棚においてあるWifiルーターのコード隠しとしてイケアのフェイクグリーンと一緒に飾ってみました。

ちなみに、この透明のフラワーベースもダイソーで購入。

天井近くのあまり目立たない場所だけど、ちょっと華やかになって、殺風景だったWifiルーターまわりが一気におしゃれになりました。

ダイソーのドライフラワー風の造花でお部屋をおしゃれに

ダイソーのドライフラワー風の造花について、一気に口コミをまとめてきました。

今回購入したのは10種類なので、合計で1000円+税です。

インテリアショップでフェイクグリーンや造花を買うよりもコスパは最強! 1000円ちょっとでかなりボリューム感のある装飾ができますよ。

ぜひ、ダイソー(DAISO)に行ったらフェイクグリーン・造花コーナーをのぞいてみてくださいね。

 

関連記事

◇ 「フェイクグリーン」おすすめショップ5選【実店舗・通販・プチプラ】に分けてご紹介